2019/11/23(土) FCCフォーラム「大阪でこぼこ~大阪地理学 事始め~」のお知らせ

20191123FCCForum_OsakaDekoboko_poster2

今年のFCCフォーラムは「大阪地理学」です.大阪にも上町台地周辺を中心として,「でこぼこ(地形の高低差)」があります.この地形を背景とした町の成り立ちや,この地形の中で育ってきた文化や信仰について新たに知るため,大変話題が豊富なお二人を同時にお招きすることができました.住吉大社の小出権禰宜様からは郷土史としての住吉周辺の地形を説明しながら、神社がまつられた背景,「住之江の岸」であったこと、遣隋使や遣唐使が出発に際して祈願したこと、など地形が育んだ文化と信仰についてお話頂きます.また,TVにもご出演,また新聞にもコラムを掲載中の新之介様には,大阪にある凸凹地形の変遷を,信長から家康の時代を中心にお話頂きます.またとない機会ですので,ぜひお越し下さい.

日時:2019年1123日(土)14時~17時 事前申込不要(定員70名)参加費無料

講演:
小出 英詞 氏(住吉大社 権禰宜)「水都大阪のはじまりと住吉大社、その地理と歴史と文化」
新之介  氏(大阪高低差学会 代表)「大坂の凹凸地形の変遷(信長・秀吉・家康の時代)」

場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階 研修室2
(京阪または谷町線「天満橋駅」より西へ歩4分 京阪または堺筋線「北浜駅」より東へ歩7分)

主催:土木学会関西支部FCC(フォーラム・シビル・コスモス)

後援:「土木の日」関連行事関西地区連絡会
国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

2019/07/13「どぼくカフェG4大阪サミット」(2019FCCフォーラム)

 

本年度のフォーラムは、FCCが発祥の「どぼくカフェ」が土木学会土木広報大賞最優秀賞を受賞したことを記念した、どぼくカフェ拡大版「どぼくカフェG4大阪サミット」として開催。会場は少し暑いかもしれませんが、阪急電車の高架下(阪急電車の歴史が垣間見られる高架!)「阪急中津スクエア」で開催します。出演はFCCどぼくカフェに登場回数の多い「G4」をお呼びし、大賑わいの受賞記念おまつりの開催です。皆様お誘いあわせの上お越しください。

話題提供者:大村 拓也 さん(写真家(建設部門))/大山 顕 さん(フォトグラファー/ライター)/垣下 嘉徳 さん(マンホール蓋の美伝道師)/松波 成行 さん(国道愛好家)

日 時:令和 元 年 7 月 13 日(土)15:00 ~ 18:00すぎ

会 場:阪急中津スクエア
阪急電車梅田駅 徒歩8分 地下鉄御堂筋線中津駅 徒歩4分
https://goo.gl/maps/ai7KhPWizxmNawyv8

終了後、同会場にて出演者を交えた交流会:どぼくBar「今夜はもっと聞いとかナイト!」を開催予定(会費制)です.交流会は当日受付の予定ですが,準備の都合がありますので,こちらで事前登録して頂けるとありがたいです.

 

12/2(日)【終了しました】宝塚北SAで開催!FCCフォーラム「どぼくカフェ 高速道路とSA・PAを楽しむ」

 

日本で初めて開通した高速道路である名神高速道路は,単に「人やモノの移動,流通」だけでなく,「高速で運転する楽しみ」をもたらしてくれました.新名神高速道路の供用も始まり,名神高速道路をお互いに補完することにより,私たちの生活を支えてくれています.また魅力的なサービスエリア・パーキングエリア (SA・PA)は,もはや休息するところに留まらず,そこを「訪れることが目的」にもなってきていました.あなたの知らない高速道路の魅力・技術を,道路アイドル,高速道路管理者,道ちゃん先生が紹介します!

FCC FORUM 2018「高速道路とSA・PA (サぱ)を楽しむ」

日時:2018/12/2(日)14:00~16:00(予定)

場所:新名神高速道路 宝塚北サービスエリア フリーラウンジ (送迎中型バスあり)
〒669-1231 兵庫県宝塚市玉瀬字奥之焼1-125, http://www.takarazukakita-sa.jp/

  宝塚北SA全景
フリーラウンジは建物内にございます.

料金:無料 フォーラムへの参加申し込みは不要です.
中止・予定変更
については「FCC新ウェブサイト https://www.jsce-kansai.net/fcc/」「土木学会関西支部Facebook https://www.facebook.com/jscekc/」でお知らせ致します.

内容:
「高速道路の不思議と魅力」山形みらい さん(日本サぱ協会会長・ルーティスト)
「管理者からみた新名神高速道路の魅力」
~技術の魅力         兼澤秀和さん(NEXCO西日本)
~宝塚北サービスエリアの魅力 中井栄蔵さん(NEXCO西日本)
コーディネーター:高橋良和(京都大学)

会場へのJR高槻駅から中型バスでの送迎(ガイド:高橋良和どぼくカフェ主宰)を行います.(予約必要
以下よりお申し込み下さい.

送迎バス申し込みフォーム

多数のご来場をお待ちしております!!

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。FCCフォーラム あしたのジョー(城)~城・石垣をつくる人・まもる技術/大阪城・熊本城~

posted in: FCCフォーラム | 0

いつも土木学会関西支部FCCの活動にご参加いただき有難うございます。
今年のFCCフォーラムのテーマは「あしたのジョー(城)」
12月10日(日)13時30分より、大阪歴史博物館にて行います。
豊臣大坂城と熊本城とその石垣に焦点を当て、
つくった人、まもる人、まもる技術について紹介します。
後半では修理、補修のための土木技術について触れていきますが、
純粋にお城、石垣に興味にある方の参加もお待ちしております。

日時:2017年12月10日(日) 13:30~16:30(13:00開場)
場所:大阪歴史博物館 4階講堂
(地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅②号・⑨号出口)
http://www.mus-his.city.osaka.jp/visit/access.html
受付方法:申込不要・会場にて受付(先着200名)どなたでもご参加できます
(このフォーラムへの参加には、展示観覧券は不要です。
歴史博物館の展示をご覧になる場合には別途観覧券の購入が必要です。)
プログラム:
講演①「豊臣大坂城をつくった人びと」大阪歴史博物館 大澤研一氏
講演②「城郭石垣を護り伝えるために」関西大学名誉教授 西形達明氏
講演③「熊本城石垣復旧を支える最新建設技術」株式会社大林組 森直樹氏
主催(公社)土木学会関西支部FCC
共催 大阪歴史博物館
後援「土木の日」関連行事関西地区連絡会

【終了しました】平成27年度 FCCフォーラム 「どぼく+マンガ」

posted in: FCCフォーラム | 0

いつも土木学会関西支部FCCの活動にご参加いただきありがとうございます

今年のFCCフォーラムのテーマは「どぼく+マンガ」. 11月24日(火)18時より,京都駅ビル室町小路広場(大階段下)にて, どぼくカフェを 開催します.前田建設ファンタジー営業部他ゼネコンが, 夢や空想を形にする実行力,総合力を披露いたします. 当日,大クリスマスツリーも点灯される前にステージを作っての企画ですので, クリスマス気分になりたい人も,男くさい感じになりたい人も是非来てください!

日    時:平成27年11月24日(火) 18時開演(受付:17時30分予定)
会    場:京都駅ビル 室町小路広場(http://www.kyoto-station-building.co.jp/eventspace/index.html)

(JR京都駅北側すぐ 京都駅ビル大階段下4F)

パネリスト:岩坂照之(前田建設工業ファンタジー営業部)

コーディネータ:高橋良和(FCC 代表幹事/京都大学)

主催:FCC・(公社)土木学会関西支部

後援:「土木の日」関連行事関西地区連絡会 入場無料,事前申込は必要ありません.当日現地にお集まり下さい.

問い合わせ先:(公社)土木学会関西支部FCC

【受付終了】「ドボクマニアのカリスマと巡るどぼくカフェツアー」のご案内

posted in: FCCフォーラム | 0
【申し込み多数のため,受付終了いたしました.22日(23日早朝)までに申し込みいただいた方から抽選の後,参加者を決定させていただきます】
<<どぼくカフェツアーの申し込みは,土木学会全国大会ページにて大会事務局が受け付けておりますが,土木学会員以外には不親切な案内となっております.申し訳ございません.特に一般からの参加希望者に向け,FCCが直接申し込みを受け付けます(申し込みが多い場合は抽選)>>
2014年9月に土木学会全国大会が大阪で開かれます。今年は土木学会が100周年を迎える節目の大会であり,我々FCCとしても記念イベントを実施することとしました。題して、「ドボクマニアのカリスマと巡るどぼくカフェツアー」です。
過去,どぼくカフェに登壇いただいたドボク趣味者の中から,国道の松波さん,ダムの萩原さん,ジャンクションの大山さんを迎え,関西ドボク趣味の名所を一台のバスで一緒に巡る日帰りツアーです.
大阪市国道メッカ梅田新道から国道25号を南下し,名阪国道を味わいながら,比奈知ダムへ向かいます.水資源機構の協力のもと,ダム内部の見学をさせていただき,奈良県・大阪府の県境の酷道308号の暗峠で休憩,その酷道っぷりを堪能します.東大阪JCTでは,阪神高速道路の協力のもと,普段入ることのないJCTループ内部を散策します.
バス内では,今までのどぼくカフェの映像や土木記録映画などを上演し,道中も楽しんでいただけるよう企画しています.普段入ることのできないダム内部やアクセス困難な酷道をドボクカリスマたちと一緒に味わいましょう!
日程:2014年9月13日(土)9時大阪駅集合 18時大阪駅解散予定

参加費:5000円/人

同行者:
  • 国道愛好家:松波成行氏
  • ダム愛好家:萩原雅紀氏
  • ドボク趣味者:大山顕氏
  • どぼくカフェ主催者:高橋良和ほかFCCメンバー

申し込み方法:下記のリンクより連絡先をお知らせください.特にグループで参加される場合は,お名前の欄に全員分のお名前を記入ください.参加希望多い場合には,8月24日に抽選の上,ご連絡いたします.

(終了しました。多数のご参加有難うございました。)100年の橋フォーラム開催のお知らせ

posted in: FCCフォーラム | 0

土木学会関西支部FCCの活動にご参加いただきありがとうございます。
大阪市内最古の現役橋である「本町橋」が100年を迎えたことから、「本町橋100年会」が設立され活発な活動を行われています。
この度「本町橋100年会」とのコラボイベントとして、「100年の橋フォーラム」を開催することとなりました。
国内外のクラシカルな橋の魅力を京都大学の久保田准教授に紹介していただいた後、
東京・名古屋・大阪の100年を超える橋を見守る【橋守】によるパネルディスカッションを行います。
FCCからは、コーディネーターとして、代表 高橋准教授が参戦!!
事前申込が必要ですが、参加費無料のイベントです。
皆さんのご参加をお待ちしております。
―記―
日時:2013年11月5日(火) 18:30?20:30
場所:大阪産業創造館 15階 会議室
地下鉄 堺筋本町駅から徒歩5分
問合せ先:本町橋100年会 事務局 06-6944-6323
申込先:本町橋100年会 事務局 FAX 06-6944-6330
mail chishin@osaka.cci.or.jp
お名前・参加人数・電話番号を記載の上お申し込みください。

大阪商工会議所 新聞発表資料

(終了しました。多数のご参加有難うございました。)平成25年度 FCC FORUM

posted in: FCCフォーラム | 0

FCCでは,一般社会と土木との間の「新しい気づき」を模索するため,土木に関わる話題を取り上げ,本音で自由な議論ができる新しい交流の場として,「どぼくカフェ」を開催しています.
昨年のフォーラムでは,「コクドウ」をテーマに,国道・酷道,さまざまな観点から,コクドウの楽しみ方を,国道愛好家,道路管理者の立ち場から紹介いただきました.その中で,『「鉄ちゃん」はいるのに,「道ちゃん」の存在は一般的に知られていない.』という声が多くありました.
今回のどぼくカフェでは,昨年のフォーラムで提案した「道カード」プロジェクトへ情報を提供いただいている「道ちゃん」から,5名の「道ちゃん」をお呼びするとともに,道路管理者にも登壇いただき,それぞれの「道の魅力」を披露いただき,共有していきたいと思います.あなたの知らない土木が見つけることができるでしょう!
もちろん参加費は無料!皆さんの参加をお待ちしています。

【開催日】11月29日(金) 18時開演 受付:17時15分開始
【パネリスト】松波成行・磯部祥行・山形みらい・江種洋一・林昇平・長野淳(道ちゃん)
中野 泰也(大阪市建設局道路部)
【コーディネーター】
高橋 良和(京都大学/FCC 代表幹事)
地下鉄・京阪 天満橋駅徒歩2分の「川の駅にぎわいXing」にて開催です。( http://r.gnavi.co.jp/k615114/ )
参加希望者は下記ポスターをクリックしていただくとフォーラム申込みフォームへとリンクします。
事前申込お待ちしています。当日参加もOKです!

↓フォーラム申込みフォームへのリンク

http://fcc-kansai.civilnet.or.jp/app-forum

平成24年度FCCフォーラム開催のお知らせ

posted in: FCCフォーラム | 0

本年度のフォーラムは
「どぼくカフェ コクドウを味わう」と題し、
「酷道をゆく」でおなじみの松波氏を講師に迎え
大阪府・京都府・奈良県の道路管理者とともに
酷道「コクドウ」について語り合うトークイベントです。
もちろん参加費は無料!皆さんの参加をお待ちしています。

【開催日】11月30日(金) 18時開演 受付:17時15分開始
【パネリスト】松波 成行(国道愛好家)
井出 ?仁雄(大阪府 ?茨木土木事務所 ?所長)
辻 ?謙一(京都府 ?建設交通部 ?道路管理課長)
石川 ?悟(奈良県 ?吉野土木事務所 ?上北・下北復旧復興課長)
【コーディネーター】
高橋 良和(京都大学/FCC 代表幹事)
地下鉄・京阪 天満橋駅徒歩2分の「川の駅にぎわいXing」にて開催です。( http://r.gnavi.co.jp/k615114/ )
参加希望者は下記ポスターをクリックしていただくとフォーラム申込みフォームへとリンクします。
事前申込お待ちしています。当日参加もOKです!

 

今回のテーマは国道.誰もが生活に利用している国道を,味わうってどういうことでしょう?国道には,国が直轄で管理する国道に加え,地方自治体が管理している国道もあります.今回のどぼくカフェは,特に地方自治体が管理されている国道を取り上げ,酸いも甘いも,その魅力をしゃぶり尽くしてやろう!という企画です.

国道と聞くと,どのような道を想像しますか?散歩道とは思わないでしょう.立派に整備され,車やトラックがひっきりなしに行き交う道を想像する方が多いでしょう.今回の講師の一人である松波氏は,国道愛好家として,国道に対する造詣が深い方ですが,国道を単に移動するための社会インフラとしてではなく,車が走れない,行き交うこともできないような,一見,国道という名から受けるイメージと異なる国道を,「酷道」と名付け,楽しむ見方を提唱されています.

三ケタ国道は地方自治体において,災害時などの緊急避難道路としても重要な路線であり,快適な国道を目指し,限られた予算や人員の中で,精一杯管理されています.今回,大阪府・京都府・奈良県より道路管理者を迎え,管理者から見る国道の役割,意義,悩みなどを紹介いただきます.

酷道と呼ばれることになる国道は,いわゆる三ケタ国道などと呼ばれる,地方自治体管理の国道に多くみられます.管理者からみて,自分達が管理する道路が酷道と呼ばれることはどうでしょう?FCCでは,単に機能性だけに重きをおかれがちな土木施設に,新しい見方,魅力を付け加えてくれた,として感謝しています!酷道を通じて,国道というものに気づいてくれる新しい愛好家が増え,結果,「国道とは何ぞや?」と考えてくれる人が増えてくれることを期待しています.この企画は,土木技術者の想定外の楽しみ方を,管理者,一般市民らと共有することを目的としています.

 

どぼくカフェ with Dam Night in Kansai (2011年度FCCフォーラム)

posted in: FCCフォーラム | 0

どぼくカフェ with Dam Night in Kansai (2011年度FCCフォーラム)
「カタカナドボク」ファンの中で,「ダム」は大きな興味の対象のひとつです.今回のどぼくカフェでは,ダムの魅力を発見・発信し,市民とダムファン,そしてダムプロフェッショナルが一同に会する「with Dam★Night」とコラボを組み,「どぼくカフェ with Dam★Night in Kansai」として開催することになりました.話題提供者として,大学,技術者から愛好家,芸人まで,幅広い登壇者を揃えました.

あなたの知らない土木が見つけることができるでしょう!

【日時】
平成23年12月8日 18時より(17時15分受付開始)
【会場】
京都大学 総合研究3号館 共通155室(京都市左京区吉田本町)
【プログラム】
開会挨拶:
1. 「どぼくカフェって?」 高橋良和(京都大学)
2.「ダムって?」 夜雀(ダム愛好家)+角哲也(京都大学)
3.「ダムによる洪水調整の現場」神矢弘( 川上ダム建設所所長)
休憩
4.「パネルディスカッション:私の気になるダム、知ってほしいダム」
竹若元博(バッファロー吾郎/吉本ダム部)
+夜雀+角哲也+神矢弘+高橋良和
閉会挨拶
【参加費】
無料