2022/9/14 どぼくカフェ再放映in土木学会全国大会「どぼくカフェ42『ダムの深みにハマって20年』(萩原雅紀さん,ダムライター)」with CVVによる土木構造物記録映画上映

2022/9/14に京都国際会館で開催されている土木学会全国大会において,過去のどぼくカフェの様子を再上映します.上映はCVV(Civil Veterans & Volunteers)と共に,交互に実施いたします.

放映スケジュール

放映スケジュール

10時~11時:CVVによる土木構造物記録映画上映
      ・「すべては京都の未来のために」(琵琶湖疏水関連施設),上時間8分
      ・「余部橋りょう さらなる100年へ」(余部橋梁新橋),上映時間20分
      ・「阪急大宮駅と西院大宮間の地下線路建設記録」(阪急大宮駅),上映時間20分
11時~12時:FCCによるどぼくカフェ再上映
      「どぼくカフェ42『ダムの深みにハマって20年』(萩原雅紀さん,ダムライター)」
12時~14時:CVVによる土木構造物記録映画上映
      ・「高速鉄道建設の記録」(地下鉄御堂筋線他),上映時間20分
      ・「道づくりへの挑戦 ワトキンスの見た日本」(名神高速道路),上映時間20分
      ・「新しいまち船場」(船場センタービル),上映時間20分
      ・「名阪国道1000日道路」,上映時間20分
      ・「623日ぶりの全線復旧」(阪神淡路大震災:阪神高速),上映時間20分

14時~15時:FCCによるどぼくカフェ再上映
      「どぼくカフェ42『ダムの深みにハマって20年』(萩原雅紀さん,ダムライター)」
15時~17時:CVVによる土木構造物記録映画上映
      ・「すべては京都の未来のために」(琵琶湖疏水関連施設),上時間8分
      ・「余部橋りょう さらなる100年へ」(余部橋梁新橋),上映時間20分
      ・「阪急大宮駅と西院大宮間の地下線路建設記録」(阪急大宮駅),上映時間20分
      ・「明石海峡大橋」,上映時間20分
      ・「関西国際空港建設記録」,上映時間20~50分

会場:国立京都国際会館 1階ロビー ディスプレイ
参加費:無料 (京都国際会館への入場登録が必要です 下記全国大会案内ページを参照してください.)
イベント等 – 令和4年度 土木学会全国大会 (jsce.or.jp)


主催:CVV(Civil Veterans & Volunteers)・土木学会関西支部FCC(Forum Civil Cosmos)
   (FCC主催部分について)「土木の日」関連行事関西地区連絡会

「土木の日」関連行事関西地区連絡会:国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

2022/9/15(夜の部)FCCどぼくカフェ50「 京阪本線地下化 ~鴨川左岸の景観と鉄道~ 」

日 時:令和 49 15 日()19:00~20:30(受付開始18:30)
会 場:QUESTION 4階Community Steps
    京阪三条駅 徒歩5分,地下鉄 京都市役所前駅 徒歩1分
    https://question.kyoto-shinkin.co.jp/
話題提供:長瀧 元紀 様(京阪ホールディングス)
コーディネーター:澤村 康生(FCC副代表幹事,京都大学)
申 込:事前申込が必要です.以下のページから申し込み下さい
    どぼくカフェ50(9/15夜の部)申し込みページ https://www.jsce-kansai.net/fcc/?page_id=3811

京阪電車 三条駅の4番線ホームが,かつては鴨川に張り出して設置されていたことをご存じですか?今では京都市内の地下を走る京阪電車ですが,1987年に地下化されるまでは鴨川と琵琶湖疏水の間を走っていました.今から35年ほど前までは,京阪電車の窓から鴨川畔のお花見も楽しめたんです.かつては鴨川左岸を彩り,そして現在は京都東山への眺望を保全することになった京阪本線の地下化工事について,京都ならではの工事の苦労を交えながら紹介します.

主催:(公社)土木学会関西支部FCC(フォーラム・シビル・コスモス)・

   「土木の日」関連行事関西地区連絡会

国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

2022/9/15(午前の部)FCC企画「鴨川ドボク巡り〜どぼくカフェと土木広報のあり方実践編〜」

本企画は令和4年度土木学会全国大会in京都のエクスカーションツアーとして開催しますが、全国大会に参加されない一般の方のお申し込みも受け付けます。

日時:915日(午前9時~2時間程度を予定
集合場所:京都大学旧土木工学教室本館前
行程:京都大学・・・・・今出川通・・・・・鴨川デルタ・・・・・河合橋・・・・・出町橋・・・・・京都市最古のマンホール鉄蓋・・・・・賀茂大橋・・・・・出町柳駅 解散
案内役:髙橋良和(京都大学)・ 入江政安(大阪大学)

土木技術者がこのようにドボクを楽しめば土木をより良く広報できるのでは?との思いから、明日から土木広報マンとなるためのツアー。私たちの身の回りは、普段気づかない「どぼく」に囲まれています。その「どぼく」を再発見し、愉しむことができるのは、大人ならではの嗜みです。鴨川・橋梁・マンホール・道路標識・電柱など身近な土木を、いちいち楽しみましょう。どぼくカフェを企画・開催するFCCのメンバーならではの見方・愛で方・歩き方をご紹介。全国大会参加中の朝、地元鴨川の散策はいかがでしょうか。「どぼく」入門のまち歩きに出発です。

■参加費: 無料(現地集合・現地解散) 全国大会に登録していない一般の方の参加も歓迎します。 
■定  員: 30名 (最少催行人員:10名)
■主  催: (公社)土木学会関西支部FCC・ 「土木の日」関連行事関西地区連絡会

●荒天時や新型コロナウィルス感染症等に関わる国内の動向により、本行事は中止、延期、開催方法・内容 の変更をさせていただく可能性がございます。予めご了承ください。中止の場合、土木学会管足支部FaccebookページおよびFCCのTwitterに必ず情報を更新いたします。
●全国大会の講演会参加のため、本ツアー途中までの参加希望の方はあらかじめお知らせください。

以下からお申し込みください。先着順(締切:2022年9月14日16時まで)
申し込みフォーム(7月9日申し込み開始予定)
本申し込みは9/15午前に実施されるエクスカーションツアーの申し込みページです。お間違いのないようよろしくお願いします。

【ご参加に当たっての注意事項】
・当日は、感染予防のため、必ずマスクの持参・着用をお願いいたします。
・アンケート等記入のため、筆記用具はご持参ください。
  ※感染予防のため、筆記用具の貸し出しはいたしません。
・イベント参加前(2週間を目安として)からご自身の体調の把握に努めて頂きますようお願いいたします。
・下記の方は参加を自粛ください。参加を見合わせる場合、あらかじめご案内する連絡先にご連絡ください。
  ・新型コロナウイルスの感染が疑われる症状のある方
  ・発熱、咳、倦怠感などの風邪症状のある方
  ・その他体調に不安のある方
  ・過去2週間以内に発熱や風邪症状で受診や服薬等をした方
・当日まで、感染症対策の基本である「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」を行う等、感染予防対策をお願いいたします。
・事前に「接触確認アプリ(COCOA)」をインストールしてご参加くださいますよう、ご協力ください。

【開催日の注意事項】
・当日は事前に検温をお願いたします。
 体温の高い方(37度以上)は参加を自粛してください。
・当日は受付においてもスタッフによる検温を実施いたします。
 状況によっては、参加をお断りする場合がありますので、ご了承願います。
・スタッフもマスクの着用をいたしますので、予めご承知おきください。
・自己管理の観点から、各自においても消毒作用のあるウェットティッシュ等の携行を推奨します。

【その他】
・イベント直後2週間以内に、PCR検査等を受診する必要がある状況となった方は迅速に関西支部事務局までご連絡ください。
・お申込時にご入力いただきましたメールアドレスおよび電話番号は、新型コロナウイルスに関連する情報連絡にも利用させていただく場合がございます。予めご了承ください。

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会 

2022年8月27日(土)13:30~16:30 どぼくカフェin大鉄工業技術研修センター(施設見学付き)

1.どぼくカフェ

 テレビ番組やニュースなどで、大きな軌道付け替え工事などはご覧になったこともあるでしょう。しかし、日夜繰り広げられる保線作業については知らないことも多いはず。どのような作業があるのか、どのような苦労があるのか、「保線の秘密・保線作業の魅力」を実体験を交えながらお話しします。
話題提供者:目黒 裕 さん(大鉄工業株式会社 線路本部 線路企画部)
コーディネーター:丹羽 信弘(土木学会関西支部FCC副代表幹事,中央復建コンサルタンツ)

2.施設見学

 初の一般公開! 技術研修センターをご覧頂く貴重な機会です。 普段は、鉄道を中心とした建設工事やインフラ維持等各分野の研修が行われるセンターで,保線と土木を中心に,実際に行っている維持管理作業の紹介と研修内容の紹介を行います。実際の保線作業体験があるかも?!

日 時:令和 4 8 27 日()13:30~16:30(受付13:00~)
会 場:大鉄工業株式会社 技術研修センター ※車での来場はご遠慮下さい。
       兵庫県三田市福島字宮野前501番27
    (JR宝塚線「新三田」駅より徒歩3分)

※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、直前に中止する場合があります。
※雨天の場合、内容を変更したり、直前に中止する場合があります。

申 込:事前申込が必要です(2022/7/1より申込開始,2022/8/1 23:59 申込〆切。定員30名。8/4までに当落をご案内いたします  
※参加は無料です。どなたでも参加いただけます。 ただし、小学4年生以上に限ります。小学生は保護者同伴でご参加ください。
※見学中に膝をつく等、服が汚れる場合があります。 ヒールの高い靴、サンダル等はご遠慮ください。
https://www.jsce-kansai.net/?p=4936

以下のリンクからお申し込み下さい.(2022年7月1日(月)公開予定)

申し込みフォーム(申し込み受付は終了いたしました.)

【ご参加に当たっての注意事項】
・当日は、感染予防のため、必ずマスクの持参・着用をお願いいたします。
・アンケート等記入のため、筆記用具はご持参ください。
  ※感染予防のため、筆記用具の貸し出しはいたしません。
・イベント参加前(2週間を目安として)からご自身の体調の把握に努めて頂きますようお願いいたします。
・下記の方は参加を自粛ください。
  ・新型コロナウイルスの感染が疑われる症状のある方
  ・発熱、咳、倦怠感などの風邪症状のある方
  ・その他体調に不安のある方
  ・過去2週間以内に発熱や風邪症状で受診や服薬等をした方
・会場には消毒液を設置いたしますので、ご使用ください。
 なお、自己管理の観点から、各自においても消毒作用のあるウェットティッシュ等の携行を推奨します。
・当日まで、感染症対策の基本である「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」を行う等、感染予防対策をお願いいたします。
・事前に「接触確認アプリ(COCOA)」をインストールしてご参加くださいますよう、ご協力ください。

【開催日の注意事項】
・当日は事前に検温をお願いたします。
 体温の高い方(37度以上)は参加を自粛してください。
・当日は受付においてもスタッフによる検温を実施いたします。
 状況によっては、参加をお断りする場合がありますので、ご了承願います。
・スタッフもマスクの着用をいたしますので、予めご承知おきください。

【その他】
・イベント直後2週間以内に、PCR検査等を受診する必要がある状況となった方は迅速に関西支部事務局までご連絡ください。
・お申込時にご入力いただきましたメールアドレスおよび電話番号は、新型コロナウイルスに関連する情報連絡にも利用させていただく場合がございます。予めご了承ください。
・やむなく中止になった場合、当選の権利は白紙となりますので、ご承知おきください。

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会 
共催:大鉄工業株式会社