2019/12/14(土)FCCどぼくカフェinNEXCO西日本 カフェ+施設見学(第40回)

1.施設見学 (13時~)

NEXCO西日本茨木技術研修センター(通称I-TR,アイトレ)内の普段は見られない施設(破損した実物床版や阪神大震災で被災した橋梁部材、台風21号でタンカーがぶつかった関空連絡橋の橋桁)をご覧になれます。また、旧道路公団の高速道路の計画当時の資料や開通記念通行券や記念品などがご覧になれるアーカイブ資料室や、案内標識・舗装・ETCの実物などがご覧になれるコーナーもあります。

2.どぼくカフェ (15時~)

「高速道路ファン手帳」の出版や東洋経済WEBに記事を連載中で、世界中の高速道路を走った佐滝剛弘さんが、誕生して50年余、ドライブの本来の楽しみを味わえる貴重な走行区間でもある高速道路の社会的な役割も考えつつ、クルマの持つ疾走感を引き出してくれる高速道路の魅力を、さまざまな実体験を交えながらお話しします。またNEXCO西日本による渋滞予測の方法と実際についてお話しします。

話題提供者:
佐滝 剛弘
さん(京都光華女子大学キャリア形成学部教授)(60分)
「ハイウェイに吹く風を感じて~時速100㎞でしか味わえない風景、そして疾走感~ 」
NEXCO西日本 (20分)
「渋滞予測はどこまで当たる? 渋滞予測の方法と実際 」

日 時:令和 元 年 1214 日()13:00~17:00

スケジュール:
12時~受付開始
13:00~15:00 施設見学
15:00~16:30 どぼくカフェ(トークショー)
16:30~17:00 自由時間
同日12:00~「ぶら土木」(技術者向け半日研修体験)も開催いたします。「ぶら土木」から「どぼくカフェ」に連続して参加可能です。
「ぶら土木」については別のページ(土木学会関西支部http://www.jsce-kansai.net/)をご確認下さい。両イベントともそれぞれ申し込みが必要です。

会 場:西日本高速道路茨木技術研修センター(I-TR)
大阪府茨木市上穂積4丁目10-1 車での来場はご遠慮下さい。
JR「茨木」駅から阪急バス90、92、93、95、80、83、86、87系統で15分「郡(こおり)」バス停から徒歩5分、または、駅から徒歩25分(2km)

現地へのアクセス詳細 https://www.jsce-kansai.net/fcc/?page_id=3146

定 員:100名 事前申し込み必要(10/30より先着順)こちらからお申し込み下さい 参加費無料
「ぶら土木」については別のページ(土木学会関西支部http://www.jsce-kansai.net/)をご確認下さい。ぶら土木の申し込みページはこちら(リンク提供され次第、表示します)。

話題提供者プロフィール
佐滝剛弘:1960年愛知県生まれ。NHKでディレクターとして番組制作に携わるかたわら、 プライべートで国内外を踏破。高速道路は日本のほぼすべての路線と、海外で も30カ国以上の高速道路を自分で運転して走行している。高速道路を走る楽しみを新書や東洋経済オンラインで発信。

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会
共催:西日本高速道路株式会社

「土木の日」関連行事関西地区連絡会:国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

2019/11/15(金)FCCどぼくカフェ「ホンモノの「幻の鉄道」を追って ~「未成線」の味わい方~」(第39回)

第39回FCCどぼくカフェ「ホンモノの「幻の鉄道」を追って」
開通を目指して建設がすすめられたにもかかわらず、完成を待たずに途中で夢絶たれた「未成線」。誰も乗ったことがない、誰も走っている姿を見たことがない、そんな幻の鉄道の痕跡を追ってみませんか。これで「未成線」を訪れたくなることまちがいなし!
日 時:令和元年11月15日(金)18時30分~
場 所:Loop-A(阪神高速ミナミ交流プラザ)
(アメリカ村三角公園西すぐ・阪神高速1号環状線高架下)
大阪メトロ 御堂筋線心斎橋駅・四つ橋線四ツ橋駅より徒歩
http://loop-a.jp/access
話題提供者:
なな爺(ななじい)さん(交通遺産ライター)
話題提供者プロフィール:
産業遺産や土木遺産を筆頭に交通遺産やまち歩きなどについて興味を持ち、脱サラしてフリーライターに。廃線跡や未成線を紹介した写真集「廃線跡の記録」などにも寄稿。廃線や道路のトークイベントを定期開催中。

2019/11/23(土) FCCフォーラム「大阪でこぼこ~大阪地理学 事始め~」のお知らせ

20191123FCCForum_OsakaDekoboko_poster2

今年のFCCフォーラムは「大阪地理学」です.大阪にも上町台地周辺を中心として,「でこぼこ(地形の高低差)」があります.この地形を背景とした町の成り立ちや,この地形の中で育ってきた文化や信仰について新たに知るため,大変話題が豊富なお二人を同時にお招きすることができました.住吉大社の小出権禰宜様からは郷土史としての住吉周辺の地形を説明しながら、神社がまつられた背景,「住之江の岸」であったこと、遣隋使や遣唐使が出発に際して祈願したこと、など地形が育んだ文化と信仰についてお話頂きます.また,TVにもご出演,また新聞にもコラムを掲載中の新之介様には,大阪にある凸凹地形の変遷を,信長から家康の時代を中心にお話頂きます.またとない機会ですので,ぜひお越し下さい.

日時:2019年1123日(土)14時~17時 事前申込不要(定員70名)参加費無料

講演:
小出 英詞 氏(住吉大社 権禰宜)「水都大阪のはじまりと住吉大社、その地理と歴史と文化」
新之介  氏(大阪高低差学会 代表)「大坂の凹凸地形の変遷(信長・秀吉・家康の時代)」

場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階 研修室2
(京阪または谷町線「天満橋駅」より西へ歩4分 京阪または堺筋線「北浜駅」より東へ歩7分)

主催:土木学会関西支部FCC(フォーラム・シビル・コスモス)

後援:「土木の日」関連行事関西地区連絡会
国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部