2021/2/25(木)オンラインどぼくカフェ「Zoom イン!! 東名高速 ~改めて知る高速道路の魅力~」山形 みらい さん

本年度最後のどぼくカフェは一昨年度の宝塚北SAでのFCCフォーラムでもしゃべって頂いた山形みらいさんです.(昨年度のNEXCO西日本の研修センターでのどぼくカフェは参加者としてご出席) 今回は東名高速の話題です.FCCどぼくカフェは関西支部発信ですが,オンラインですので,全国からのご参加をお待ちしております.
日時:2021年2月25日(木)20:00~21:30
20:00-20:05 FCCどぼくカフェの紹介
20:05-21:05 講演
21:05-21:30 質問および会場を交えてのディスカッション
21:30 終了予定
講演タイトル「改めて知る東名高速の魅力(仮)」
話題提供:山形 みらい さん(ハイウェイタレント,「日本サぱ協会」会長)
コーディネータ:徳永隆行(大阪府)
開催方法:zoomによるオンライン開催(およびYoutubeによるライブ配信)
以下のサイトからお申し込み下さい

オンラインどぼくカフェ「Zoom イン 東名高速 ~改めて知る高速道路の魅力~」(2021/2/25) – 土木学会関西支部 (jsce-kansai.net)

来場者アンケート

来場者アンケートはこちらからお願いいたします.

CPD申請はこちらから

CPDの申請フォームリンク CPDの申請は以下のフォームに必要事項を記入して申請をお願いします.
https://forms.gle/mTzMPzBXS7uAQBbHA

2021/2/20(土)オンラインどぼくカフェ三土たつおさん「街角図鑑 -街にあるものを見る-」

本年度2回目のFCCオンラインどぼくカフェは2度目の登場三土たつおさんによるトークです.街角に、街外れに、いつもあるのに私たちが「見ていない」ものたちが「見える」ようになると、街を見る目と理解が変わります。私たちが生活し、または移動する街・都市を構成しているものが何なのか、それを「見る」とはどういうことなのか、街角鑑賞ライターがそこにある理由とその形である理由を語ります。オンラインですが皆様の参加をお待ちしております.

街角図鑑 街と境界編

出版社へのリンク

日時:2月20日(土)14:00~15:30
14:00-14:05 FCCどぼくカフェの紹介
14:05-15:05 講演
15:05-15:30 質問および会場を交えてのディスカッション
15:30 終了予定
講演内容:街角図鑑 -街にあるものを見る-
話題提供:三土 たつお さん(街角鑑賞ライターライター)
コーディネータ:丹羽 信弘(FCC幹事,中央復建コンサルタンツ株式会社)
開催方法:zoomによるオンライン開催(およびYoutubeによるライブ配信)
要申し込みです.以下の関西支部サイトからお申し込み下さい.(申し込みリンク近日公開予定).

来場者アンケート

来場者アンケートはこちらからお願いします.
https://forms.gle/F1AtQmoq8my6MACr5

CPD申請はこちらから

CPD申請フォームリンク CPDの申請はこちらからお願いします.
https://forms.gle/7Um3BJ9wozp6FbyQA

【開催中止】2020年12月5日(土)13:30~16:30 どぼくカフェin大鉄工業技術研修センター(施設見学付き)

本イベントはコロナウィルス感染状況悪化のため中止とさせて頂きました.

1.どぼくカフェ

 テレビ番組やニュースなどで、大きな軌道付け替え工事などはご覧になったこともあるでしょう。しかし、日夜繰り広げられる保線作業については知らないことも多いはず。どのような作業があるのか、どのような苦労があるのか、「保線の秘密・保線作業の魅力」を実体験を交えながらお話しします。
話題提供者:目黒 裕 さん(大鉄工業株式会社 線路本部 線路企画部)
コーディネーター:福永良一(土木学会関西支部FCC幹事,大阪府)

2.施設見学

 初の一般公開! 技術研修センターをご覧頂く貴重な機会です。 普段は、鉄道を中心とした建設工事やインフラ維持等各分野の研修が行われるセンターで,保線と土木を中心に,実際に行っている維持管理作業の紹介と研修内容の紹介を行います。実際の保線作業体験があるかも?!

日 時:令和 2 12 5 日()13:30~16:30(受付13:00~)
会 場:大鉄工業株式会社 技術研修センター ※車での来場はご遠慮下さい。
       兵庫県三田市福島字宮野前501番27
    (JR福知山線「新三田」駅より徒歩3分)

※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、直前に中止する場合があります。
※雨天の場合、内容を変更したり、直前に中止する場合があります。

申 込:事前申込が必要です(11/16 12:10より先着順→応募者多数の場合抽選となりました。11/19 20:00〆切。定員30名。)  
※参加は無料です。どなたでも参加いただけます。 ただし、小学4年生以上に限ります。小学生は保護者同伴でご参加ください。
※見学中に膝をつく等、服が汚れる場合があります。 ヒールの高い靴、サンダル等はご遠慮ください。

以下のリンクからお申し込み下さい.(2020年11月16日(月)12:10公開)

申し込みフォーム

【ご参加に当たっての注意事項】
・当日は、感染予防のため、必ずマスクの持参・着用をお願いいたします。
・アンケート等記入のため、筆記用具はご持参ください。
  ※感染予防のため、筆記用具の貸し出しはいたしません。
・イベント参加前(2週間を目安として)からご自身の体調の把握に努めて頂きますようお願いいたします。
・下記の方は参加を自粛ください。
  ・新型コロナウイルスの感染が疑われる症状のある方
  ・発熱、咳、倦怠感などの風邪症状のある方
  ・その他体調に不安のある方
  ・過去2週間以内に発熱や風邪症状で受診や服薬等をした方
  ・感染拡大している地域や国への訪問歴が2週間以内にある方
・会場には消毒液を設置いたしますので、ご使用ください。
 なお、自己管理の観点から、各自においても消毒作用のあるウェットティッシュ等の携行を推奨します。
・当日まで、感染症対策の基本である「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」を行う等、感染予防対策をお願いいたします。
・事前に「接触確認アプリ(COCOA)」をインストールしてご参加くださいますよう、ご協力ください。

【開催日の注意事項】
・当日は事前に検温をお願いたします。
 体温の高い方(37度以上)は参加を自粛してください。
・当日は受付においてもスタッフによる検温を実施いたします。
 状況によっては、参加をお断りする場合がありますので、ご了承願います。
・スタッフもマスクの着用をいたしますので、予めご承知おきください。

【その他】
・イベント直後2週間以内に、PCR検査等を受診する必要がある状況となった方は
 迅速に関西支部事務局までご連絡ください。
・お申込時にご入力いただきましたメールアドレスおよび電話番号は、新型コロナウイルスに関連する情報連絡にも利用させていただく場合がございます。予めご了承ください。

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会 
共催:大鉄工業株式会社

2020/12/12(土) FCCフォーラム2020「古墳:もっと誇りたい!大阪の世界遺産」(オンライン開催)

今年のFCCフォーラムは歴史×地理のハイブリッド。近くに行くと良く見えない、そこにある世界遺産「百舌鳥・古市古墳群 -古代日本の墳墓群-」。今はあまり観光にも行けない時期ですが、もっといろんな人に見てもらって良いし,「大阪城」「通天閣」も良いですが、もっと大阪には古墳があるよ、と言ってもらいたい、誇ってもらいたい、それが古墳群です。今回は古墳を正しく誇るために、古墳について学ぶ機会を設定しました。古墳の時代の歴史、古墳の地理、世界遺産への取り組み、3名のゲストをお招きして、講演して頂きます。Zoomでのオンライン開催ですが、ぜひお越し下さい。Zoomを触った経験のない方の参加も歓迎です。皆様お待ちしております。

日時:2020年12月12日(土)14時~17時 事前申込必要(定員100名)参加費無料

講演:
福永 伸哉氏(大阪大学文学研究科教授)「百舌鳥・古市古墳群-その実像と歴史に迫る-」
福田 英人氏(藤井寺市文化財保護課)「百舌鳥・古市古墳群 世界遺産への取り組みー保存管理を中心としてー」
新之介  氏(大阪高低差学会 代表)「古代地形と古墳」

場所:Zoomを用いたオンライン講演会+Youtubeストリーミング配信
(聴くだけでしたら、カメラもマイクも不要です。)

申し込み方法:以下のZoomの申し込みフォームからお申し込み下さい。返信メールにはYoutubeのリンク先が記入されていますので、Youtubeからの視聴も可能です。(Youtube側からの質問は出来ませんので,できるだけZoomでの接続をお願い致します。)
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZEkd–prTgtHtyZXnKtMIGbaCikn74r_Xvv

CPD登録申請
CPFの申請はこのリンクの先にあるGoogleFormに入力の上,申請下さい.https://forms.gle/kGz24hrwnfC4vT526

主催:土木学会関西支部FCC(フォーラム・シビル・コスモス)

後援:「土木の日」関連行事関西地区連絡会
国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

【終了しました】2020/11/14(土)オンラインどぼくカフェ「ダムの深みにハマって20年」

自粛期間を経て、オンラインですが、ようやくFCCのどぼくカフェも復活。第1弾にふさわしい方をお呼びすることができました。

話題提供:萩原 雅紀さん (ダムライター)
日 時:令和 2 年 11 月 14 日(土)14:00~15:30

会 場:オンライン(Zoomミーティング+Youtube配信(予定))
コーディネーター:入江政安(FCC代表幹事,大阪大学准教授)
申 込:事前申込が必要です。申し込み方法が決定次第下記HPで案内します.
    ※参加は無料です。どなたでも参加いただけます。お気軽にどうぞ。

https://www.jsce-kansai.net/?p=3957

CPD申請フォームはこちら
https://forms.gle/o211nK7swVhyjE5x9

主催:(公社)土木学会関西支部FCC(フォーラム・シビル・コスモス)/「土木の日」関連行事関西地区連絡会

国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部


【終了しました】2020/2/6(木)FCCどぼくカフェ「流転のトラス 転用された鉄道トラスの身の上話 」(第41回)

鉄道トラスは幅や支間など寸法のバリエーションが少なく、転用されて第二の人生を送っているものがたくさんあります。歴史のいたずらか数奇な運命をたどったトラス、謎に包まれているトラス、現在も訪ねることができるトラス橋を中心にいくつかの物語をご紹介します。

話題提供者:清水 喜代志 さん(鉄道トラスおたく)
コーディネーター:宇野 宏司(FCC副代表幹事、神戸市立工業高等専門学校)
日 時:令和 2 年 2 月 6 日(木)18:30 ~ 19:30
会 場:Loop A 阪神高速ミナミ交流プラザ
  (アメリカ村三角公園西すぐ・阪神高速1号環状線高架下)
    地下鉄 御堂筋線心斎橋駅・四つ橋線四ツ橋駅 http://loop-a.jp/access
定 員:20名程度(先着順)
   どなたでもご参加になれます。仕事帰りにお気軽にお立ち寄りください。

話題提供者プロフィール

構造力学の授業で聞いた教授のひとことをきっかけに、鉄道トラス橋を追って40年。汽笛一声の鉄道開業以来のわが国の鉄道トラス全部(のつもり)のリストを作って、現存するものを一つ一つ訪ね歩いています。いっしょに巡っていただけるお友だち募集中です。

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会

【終了しました】2019/12/14(土)FCCどぼくカフェinNEXCO西日本 カフェ+施設見学(第40回)

1.施設見学 (13時~)

NEXCO西日本茨木技術研修センター(通称I-TR,アイトレ)内の普段は見られない施設(破損した実物床版や阪神大震災で被災した橋梁部材、台風21号でタンカーがぶつかった関空連絡橋の橋桁)をご覧になれます。また、旧道路公団の高速道路の計画当時の資料や開通記念通行券や記念品などがご覧になれるアーカイブ資料室や、案内標識・舗装・ETCの実物などがご覧になれるコーナーもあります。

2.どぼくカフェ (15時~)

「高速道路ファン手帳」の出版や東洋経済WEBに記事を連載中で、世界中の高速道路を走った佐滝剛弘さんが、誕生して50年余、ドライブの本来の楽しみを味わえる貴重な走行区間でもある高速道路の社会的な役割も考えつつ、クルマの持つ疾走感を引き出してくれる高速道路の魅力を、さまざまな実体験を交えながらお話しします。またNEXCO西日本による渋滞予測の方法と実際についてお話しします。

話題提供者:
佐滝 剛弘
さん(京都光華女子大学キャリア形成学部教授)(60分)
「ハイウェイに吹く風を感じて~時速100㎞でしか味わえない風景、そして疾走感~ 」
NEXCO西日本 (20分)
「渋滞予測はどこまで当たる? 渋滞予測の方法と実際 」

日 時:令和 元 年 1214 日()13:00~17:00

スケジュール:
12時~受付開始
13:00~15:00 施設見学
15:00~16:30 どぼくカフェ(トークショー)
16:30~17:00 自由時間
同日12:00~「ぶら土木」(技術者向け半日研修体験)も開催いたします。「ぶら土木」から「どぼくカフェ」に連続して参加可能です。
「ぶら土木」については別のページ(土木学会関西支部http://www.jsce-kansai.net/)をご確認下さい。両イベントともそれぞれ申し込みが必要です。

会 場:西日本高速道路茨木技術研修センター(I-TR)
大阪府茨木市上穂積4丁目10-1 車での来場はご遠慮下さい。
JR「茨木」駅から阪急バス90、92、93、95、80、83、86、87系統で15分「郡(こおり)」バス停から徒歩5分、または、駅から徒歩25分(2km)

現地へのアクセス詳細 https://www.jsce-kansai.net/fcc/?page_id=3146

定 員:100名 事前申し込み必要(10/30より先着順)申し込み受付終了 参加費無料

話題提供者プロフィール
佐滝剛弘:1960年愛知県生まれ。NHKでディレクターとして番組制作に携わるかたわら、 プライべートで国内外を踏破。高速道路は日本のほぼすべての路線と、海外で も30カ国以上の高速道路を自分で運転して走行している。高速道路を走る楽しみを新書や東洋経済オンラインで発信。

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会
共催:西日本高速道路株式会社

「土木の日」関連行事関西地区連絡会:国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

2019/11/15(金)FCCどぼくカフェ「ホンモノの「幻の鉄道」を追って ~「未成線」の味わい方~」(第39回)

第39回FCCどぼくカフェ「ホンモノの「幻の鉄道」を追って」
開通を目指して建設がすすめられたにもかかわらず、完成を待たずに途中で夢絶たれた「未成線」。誰も乗ったことがない、誰も走っている姿を見たことがない、そんな幻の鉄道の痕跡を追ってみませんか。これで「未成線」を訪れたくなることまちがいなし!
日 時:令和元年11月15日(金)18時30分~
場 所:Loop-A(阪神高速ミナミ交流プラザ)
(アメリカ村三角公園西すぐ・阪神高速1号環状線高架下)
大阪メトロ 御堂筋線心斎橋駅・四つ橋線四ツ橋駅より徒歩
http://loop-a.jp/access
話題提供者:
なな爺(ななじい)さん(交通遺産ライター)
話題提供者プロフィール:
産業遺産や土木遺産を筆頭に交通遺産やまち歩きなどについて興味を持ち、脱サラしてフリーライターに。廃線跡や未成線を紹介した写真集「廃線跡の記録」などにも寄稿。廃線や道路のトークイベントを定期開催中。

2019/11/23(土) FCCフォーラム「大阪でこぼこ~大阪地理学 事始め~」のお知らせ

20191123FCCForum_OsakaDekoboko_poster2

今年のFCCフォーラムは「大阪地理学」です.大阪にも上町台地周辺を中心として,「でこぼこ(地形の高低差)」があります.この地形を背景とした町の成り立ちや,この地形の中で育ってきた文化や信仰について新たに知るため,大変話題が豊富なお二人を同時にお招きすることができました.住吉大社の小出権禰宜様からは郷土史としての住吉周辺の地形を説明しながら、神社がまつられた背景,「住之江の岸」であったこと、遣隋使や遣唐使が出発に際して祈願したこと、など地形が育んだ文化と信仰についてお話頂きます.また,TVにもご出演,また新聞にもコラムを掲載中の新之介様には,大阪にある凸凹地形の変遷を,信長から家康の時代を中心にお話頂きます.またとない機会ですので,ぜひお越し下さい.

日時:2019年1123日(土)14時~17時 事前申込不要(定員70名)参加費無料

講演:
小出 英詞 氏(住吉大社 権禰宜)「水都大阪のはじまりと住吉大社、その地理と歴史と文化」
新之介  氏(大阪高低差学会 代表)「大坂の凹凸地形の変遷(信長・秀吉・家康の時代)」

場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階 研修室2
(京阪または谷町線「天満橋駅」より西へ歩4分 京阪または堺筋線「北浜駅」より東へ歩7分)

主催:土木学会関西支部FCC(フォーラム・シビル・コスモス)

後援:「土木の日」関連行事関西地区連絡会
国土交通省近畿地方整備局/西日本高速道路(株)関西支社/(独)水資源機構関西・吉野川支社/(独)都市再生機構西日本支社/(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構大阪支社/本州四国連絡高速道路(株)/阪神高速道路(株)/福井県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/京都市/大阪市/神戸市/堺市/関西エアポート(株)/新関西国際空港(株)/(公社)土木学会関西支部/(一社)日本建設業連合会関西支部/(一社)日本橋梁建設協会近畿事務所/(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部/(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会関西支部/(一社)日本道路建設業協会関西支部/(一社)日本埋立浚渫協会近畿支部

2019/09/24どぼくカフェ「世界の国までコンニチワ!」(第38回)

2019/09/24 どぼくカフェ「世界の国までコンニチワ!」(第38回)

 

「人類の調和と進歩」をテーマに開催された大阪万博から55年、2025年には再び大阪に万博がやってきます。今回は世界各地の博覧会を渡り歩くごくフツーの会社員に博覧会の魅力や土木との関わりについて語って頂きます。

話題提供者:二神敦さん(博覧会おたく)
日時:令和元年9 24 日(火)1830 2000
会場:Loop A 阪神高速ミナミ交流プラザ
(アメリカ村三角公園西すぐ・阪神高速1号環状線高架下)地下鉄御堂筋線心斎橋駅・四つ橋線四ツ橋駅
http://loop-a.jp/access
定員:20名程度(先着順) どなたでもご参加になれます。仕事帰りにお気軽にお立ち寄りください。
コーディネーター:宇野宏司(FCC副代表幹事、神戸市立工業高等専門学校)

 

話題提供者プロフィール
1972年生まれ。小学3年生の時に、地元で開催された「神戸ポートアイランド博覧会(ポートピア’81)」で初めての博覧会を経験。以来、国内はもとより海外も含め、これまでに150種類もの会場へ足を運ぶ。一方、“開店マニア”でもあり、「東京スカイツリー」「横浜ランドマークタワー」「あべのハルカス」「福岡タワー」など、初日に訪れた施設は数知れず。普段は大阪市内に本社を置く企業に勤める会社員である。

 

主催:(公社)土木学会関西支部・「土木の日」関連行事関西地区連絡会