[01]桃山文化を21世紀へ-有馬太閤橋-

posted in: Video Post | 0

[01] 桃山文化を21世紀へ -有馬太閤橋–

(約20分 2001年)
企画:株式会社淺沼組
制作:ウエダプロダクション

 

 

全国有数の温泉観光地である神戸市の「有馬温泉」の表玄関に位置する「太閤橋」の架替工事、工事期間は約2年
「有馬温泉」は「太閤秀吉」とは大変ゆかりがあり、「秀吉」が催したお茶会の茶室(日本古来の情緒)をイメージすると共に、景観にも配慮した非常にデザインの凝った橋梁工事。
地元の方々に配布する事がビデオ制作の目的であり、ほとんど技術的な事には触れず、道路切替、安全対策、イメージアップ等を工事の進捗に合わせ、現場所長自らが音声を担当し工事を説明している。
数度の道路切替をアニメーションを使って説明。

 

 

試験授業実績有り(松原市立天美西小学校試験授業報告、大阪市立常磐小学校試験授業報告参照)
社会学習
太閤秀吉、安土桃山文化
地域学習
誰の願いで太閤橋を何故架け替えたのか?
工事前と完成後の橋を比較して、何がどう変わったのか?
工事で使用できる場所が狭く、非常に交通量、人通りが多い条件での工事でどんな苦労があったのか?

松原市立天美西小学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です