年次学術講演会

年次学術講演会に関わるCPDについて

2022年度土木学会関西支部年次学術講演会は、土木学会認定CPDプログラム(認定番号:JSCE22-0489)です。

「年次学術講演会の聴講者」の場合

教育形態 Ⅰ-1 講習会等への参加(認定プログラム)
CPD単位 1.0×hr
hrは実時間としてください(休憩時間は含めない)
備考 講演会当日の来場登録が必須です

 建設系CPD協議会加盟団体主催CPD申請書・受講証明書(以下、「CPD受講証明書」という)は、事前の参加申込者のうち、受講していたことが確認できた方(講演会当日、総合受付でQRコードをかざし、来場登録を行った方)に発行いたします。

 “CPD受講証明書(聴講者の場合)”の発行は、2022年6月20日(月)を予定しています。

 土木学会CPDシステムをご利用の方は、参加者ご自身によるCPDシステムへの「自己登録」をお願いいたします。

 建設系CPD協議会加盟団体CPDシステムをご利用の方は、各団体のルールに沿って、CPD単位の申請をお願いいたします。申請の提出方法等は提出先団体に事前にご確認ください。土木学会で証明する単位が、各団体のルールにより認められないことがあります。土木学会では他団体の運営するCPD制度に関しては回答いたしかねます。

「年次学術講演会の講演者」の場合

教育形態 Ⅱ-3 論文等の口頭発表(法人格を持つ学協会での発表)
CPD単位 口頭発表:0.4×min
ポスター発表:一律4
備考 連名者(共著者)もこれに準じます

 土木学会CPDシステムをご利用の方は、参加者ご自身によるCPDシステムへの「自己登録」をお願いいたします。(CPD受講証明書は不要です。)

 建設系CPD協議会加盟団体CPDシステムをご利用の方は、各団体のルールに沿って、CPD単位の申請をお願いいたします。申請の提出方法等は提出先団体に事前にご確認ください。土木学会で証明する単位が、各団体のルールにより認められないことがあります。土木学会では他団体の運営するCPD制度に関しては回答いたしかねます。
 なお、申請にCPD受講証明書がお入用の場合のみ、各学協会や建設系CPD協議会の「受講証明書(WORD版PDF版)」をダウンロードし必要事項をご記入の上、受講証明書発行申請フォーム【司会者・講演者用】よりご提出ください。証明印を押印し、6月下旬までに返信いたします。

「年次学術講演会の司会者」の場合

教育形態 Ⅳ-10 教育機関、学協会、官公庁、公共機関からの依頼で講師を務める
CPD単位 10(1講義あたり)
備考 講演会当日の来場登録が必須です

CPD受講証明書がお入用の場合のみ、上記“「年次学術講演会の講演者」の場合”と同様に申請を行ってください。

Print Friendly, PDF & Email

-年次学術講演会