行事と募集(主催・共催)

【申込受付中】<オンライン>橋梁等の維持管理・更新における情報通信技術の活用に関する調査研究委員会講習会(2021/3/1~3/15)

 近年、コンピュータを駆使した情報通信技術(ICT)が発展し、災害対応や高齢者の見守りなどにも、ドローンによる空撮画像の解析や高度なセンサーによる行動把握なども行われています。また、人間の認知・思考・判断に代わるものとしてAIが発達してきており、将棋や囲碁の世界でも深層学習(ディープラーニング)などの情報処理技術の発展は目覚ましいものがあります。しかしながら、維持管理技術としてこれら深層学習などの先端技術を用いている研究者は確実に増えてきているものの、管理者がこれらの技術を橋梁の維持管理に適用できるまで広く認識されていないのが現状です。
 本委員会では、維持管理業務における生産性向上を大きな目的として、現在の維持管理業務における問題点の洗い出し、橋梁の計画・維持管理・更新業務への情報通信技術の適用性の調査・検討を行いました。生産性向上には様々な角度からの分析が必要であるが、まずは管理者としての維持管理業務に着目し、共通する問題点、すなわち業務の効率化、コスト縮減、蓄積されている点検データの活用法などについて検討しました。また、現在行われている関連する研究についても調査しました。
 このたび、その成果を踏まえ、下記の要領で講習会を開催し、研究成果をご報告申し上げたいと存じます。なお、今回は新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、オンデマンド型での配信とさせていただきます。ご都合の良い時間帯で閲覧いただけますので、奮ってご参加下さいますようご案内いたします。

日時

2021年3月1日(月)10:00 ~ 3月15日(月)23:59

開催方法

Zoom』を利用したオンライン講習会です。
本講習会はオンデマンド配信となります。

  • 動画のスクリーンショット・録音・録画・二次利用等は禁止いたします
  • 事前に、『Zoom』の推奨動作環境の確認や視聴テストを行うことをお勧めします。(視聴できない場合は、別のデバイス、ブラウザ、回線での視聴をお試しください。)
    推奨動作環境のページ
    視聴テストのページ

参加費

一般(正会員・賛助会員・非会員)…1,000円
学生…無料

定員

上限なし

申込方法

申込フォームからお申し込みください。

・1メールアドレスにつき1回のみのお申込みが可能です。
 (同一メールアドレスでの重複登録はできません)
・お申込完了後のキャンセルは原則受付いたしません。


お申込後、参加費を下記へお振込ください。

銀行口座 三菱UFJ銀行
船場(せんば)支店
普通 0000660
郵便振替口座 00910-9-82599
口座名
(いずれも)
公益社団法人土木学会関西支部

申込締切

2021年3月12日(金)正午

CPD

この行事は、土木学会認定CPDプログラムです。(認定番号:JSCE21-0191、2.2単位)

CPD受講証明書の取得はCPDポイントについてをご覧ください。

プログラム(敬称略)

開会の挨拶(5分)
委員長 立命館大学   野阪 克義
活動概要報告(10分)
委員長 立命館大学   野阪 克義
ICTを活用した橋梁等の維持管理分野における事例と実用化に向けた課題の抽出WG
1 WGの概要(5分)
神戸大学   三木 朋広
2 道路構造物の維持管理における点検支援技術(15分)
国土交通省近畿地方整備局   山田 勝輝
NEXCO西日本イノベーションズ(株)   築山  彰
3 点検記録等のビックデータ活用に向けたデータフォーマットに関する考察(25分)
阪神高速道路(株)   三嶋 大悟
西日本高速道路(株)   藤井 雄介
4 橋梁維持管理分野以外のデータ通信技術の活用事例(15分)
(株)ジャパン・インフラ・ウェイマーク   春田 健作
維持管理におけるニーズ発掘WG
1 道路管理に関わる自治体職員の業務内容の一例および課題(30分)
滋賀県   神田 尚樹
滋賀県   高橋  望
2 情報通信技術の導入可能性について(30分)
大阪府   八木 博嗣
立命館大学   野阪 克義
閉会の挨拶(5分)
幹事長 神戸大学   三木 朋広

※講演時間は目安です。今後変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

問合先

土木学会関西支部「橋梁講習会」係
TEL:06-6271-6686

Print Friendly, PDF & Email

-行事と募集(主催・共催)
-, , ,